« 「人間が社会活動を行う上で、ルールを守ることは大切なことである。しかし、それはあくまでも、私たちの『生きる』という現場をやせ衰えさせない範囲のものでなければならない」 | トップページ | 「自分より相手を幸せにする人が、最後は一番幸せになるのだ」 »

2012年7月 7日 (土)

「システムを変えることで個人が変わる時代は終わっている」

さらに追加分その②

先月の初め(6/7)の文章では、大阪市の橋下市長の「仕組みがわるい」というコメントを引いて、「仕組みさえかえることだけに興味を持ち、その仕組みで何をするかを考えない政治家が多いのではないか」というような内容についても長々と書いた。

 

その内容に関することで、以前読んだ村上龍氏の『寂しい国の殺人』という本にあったフレーズを追加として載せておきたい。

 

「『これからの日本をどう変えていけばいいのか』などと言っている人を私は信用しない。そんなたわけたことを言う前に、まずお前が変われ、といつも思う。システムを変えることで個人が変わる時代は終わっている」

改めて書いておく。システムを変えたとしても、個人、そして社会が自動的に変わるわけではないのである。

« 「人間が社会活動を行う上で、ルールを守ることは大切なことである。しかし、それはあくまでも、私たちの『生きる』という現場をやせ衰えさせない範囲のものでなければならない」 | トップページ | 「自分より相手を幸せにする人が、最後は一番幸せになるのだ」 »

システム・組織」カテゴリの記事

★変わるということ」カテゴリの記事

橋下現象」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「システムを変えることで個人が変わる時代は終わっている」:

« 「人間が社会活動を行う上で、ルールを守ることは大切なことである。しかし、それはあくまでも、私たちの『生きる』という現場をやせ衰えさせない範囲のものでなければならない」 | トップページ | 「自分より相手を幸せにする人が、最後は一番幸せになるのだ」 »

カテゴリー

無料ブログはココログ