« 「私は社会の眼は、発明や研究をよりよくエンカレッジする力として働くと思っています」 | トップページ | 「枠をいちいち怖れることはないけれど、枠を壊すことを恐れてもならない。人が自由になるためにはそれが何より大事になります」 »

2013年4月18日 (木)

「数字や論理が、人間を置き去りにしながら、勝手に一方的に、しかもきわめて重要な決定を固めていく」

前々回のブログ(4月16日)では、数値や数字でしか「世界」や「社会」を理解できす、さらにその数値・数字のためだけに「イワシ」のように動くという言葉を紹介した。

社会学者の山下祐介さん著書『東北発の震災論』を読んでいたら、数値や数字を通してしか、「社会」を捉えることができない風潮と、それによって問題の本質が忘れられていくことについても鋭く指摘されていた。 

「少子高齢化は本来、家族の問題だが、それが全体の数値に置き換えられて様々に論じられている。さらにそれが就業人口に関わって問題視されると、必要な労働者の数だけが問題なら、子どもが生まれなくても外国人を入れればよい、という話になってしまう。ここではもはや利用可能な数とだけしか人間は認識されなくなってしまっているようだ」

「人間のための統治が、いつの間にか統治のための人間に切りかわる。人の生を尊重するあまり、統治は人をモノ化し、数値化し、非人間化する。
 
この論理こそ、我々がこの震災の中で、随所に見てきたものである」 (P266)

本来、目安でしかない数値・数字だったはずが、それさえ満たせば全てが解決するという勘違いに陥ってしまうのだ。これは、3月22日のブログで紹介した森達也さんの「暫定的に設けた標識に対して、絶対的なものとして依存してしまう」とする風潮と重なる。 

この本の中で、山下さんは、次のような指摘もしている。 

「我々の手元にあるリスク論はほとんどすべてが確率論だ。この奇妙さに敏感になるべきだ。数値で置き換えられると、一見科学的で客観的で人間にとってあらがえない真実のように見える」

科学の名の下に、数字や論理が、人間を置き去りにしながら、勝手に一方的に、しかもきわめて重要な決定を固めていく。それも当人たちではなく別の誰かが、かつ善意で、だが十分に考えつくされたわけでもなく、しかもしばしばかたちだけは民主的に」 (P268~9)

その結果、震災では次のような対応が行われる。

「『復興』を進める事業のためには、人の暮らしはどうなっても構わないという力学が生まれているようだ」 (P269) 

数値・数字、そして確率を追い求めていった結果、「人間」を置き去りにする。これは、「効率」を追い求める社会風潮にも当てはまる。山下さんは、著書『限界集落の真実』では、次のように書いている。

「一見、絶対的真理のように見える効率性の論理も、どこかで危ういものを持っていることに気づく必要がある。思考実験を色々と繰り返してみるとよい。効率性/経済性を、現時点での経済性ということだけで考えていけば、高齢者は無駄だし、子供も不要となる。しかしそのような社会は長く存続できない。子供や高齢者のいない社会などないからである。とすると、この問いは、どこか根元のところで間違っているのである」 (P136)


数値・数字、さらには効率を追い求め、それに絶対的に依存してしまう。数値・数字を追い続ける「イワシ」たちには、自分たちの「姿」は見えていないということなのだろうか。

« 「私は社会の眼は、発明や研究をよりよくエンカレッジする力として働くと思っています」 | トップページ | 「枠をいちいち怖れることはないけれど、枠を壊すことを恐れてもならない。人が自由になるためにはそれが何より大事になります」 »

数値・数字」カテゴリの記事

自律と他律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1530626/51281732

この記事へのトラックバック一覧です: 「数字や論理が、人間を置き去りにしながら、勝手に一方的に、しかもきわめて重要な決定を固めていく」:

« 「私は社会の眼は、発明や研究をよりよくエンカレッジする力として働くと思っています」 | トップページ | 「枠をいちいち怖れることはないけれど、枠を壊すことを恐れてもならない。人が自由になるためにはそれが何より大事になります」 »

カテゴリー

無料ブログはココログ