« 「完璧は求めず、とにかくやってみて、ダメなら直せばいいさ」 | トップページ | 「『空気』を排除するため、現実という名の『水』を差す」  »

2013年9月10日 (火)

「どこにも入り込む隙間はある。世の中と世の中の隙間、それが世間だ。人と人の隙間、それが人間だ。私もそろそろ自分のニッチを探しにいかないとな」

前々回のブログ(8月28日)では、作家の島田雅彦さんのコトバから、「ニッチを探すこと」「スペースを探すこと」の重要性について考えてみた。

順序は逆になってしまったが、その島田雅彦さん小説『ニッチを探して』を読み終わったので、その中に出てくる屋島教授が口にした次の言葉を紹介しておきたい。 

「どこにも入り込む隙間はある。世の中と世の中の隙間、それが世間だ。人と人の隙間、それが人間だ。私もそろそろ自分のニッチを探しにいかないとな」 (P204) 

さらに島田雅彦さんが出演していた、JFM『学問のススメ』(8月27日)も聴いた。その中から。 

「ニッチを探す体験は自信にはなると思う。人はプライドを守る、名誉を守ることが時には必要ですが、それをやると職を失う、あるいは今までの人間関係が悪くなったり、厳しい状況おかれる可能性がある。それでも嫌な所にずっといたくない。思い切って給料が半分になったとしても、ここから離脱するということがやりやすくなるのかな」 

「逆境に追い込まれて、急に緊張感の中でひらめくことがあるかもしれないし、実際に本当に自分に適した生息域は、それこそニッチはどこなのかを突き詰めて考えていったときに、ひょっとしたら今までの人生、ライフスタイルというのが自分に合わないのに無理していたということが分かるかもしれない」 

「日本はこれ以上の発展は見込めない。そうするとどこかで上手に没落する方法を模索しないといけないのではないかと思う。プライドとか名誉とかを失わない状態で、しっかりと生き延びていく知恵だけは身につけておく」 

「そうやってフラフラしながら何か価値を見つけていく。何もしてないようでブラブラしているようで、その実、ちゃんと考えていて、自分が必要とされるタイミングと場所をじっと待っていて、あっあったと思ったら、ピュッと行く。このフットワークの良さ」

ニッチ、隙間、スペースをさがる力があるということは、自分の生きる幅や選択肢を広げることでもあるのだろう。

« 「完璧は求めず、とにかくやってみて、ダメなら直せばいいさ」 | トップページ | 「『空気』を排除するため、現実という名の『水』を差す」  »

価値観」カテゴリの記事

スペースを埋める」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« 「完璧は求めず、とにかくやってみて、ダメなら直せばいいさ」 | トップページ | 「『空気』を排除するため、現実という名の『水』を差す」  »

カテゴリー

無料ブログはココログ