« 「安心安全がそんなに大事かと思います」 | トップページ | 「間違えて損をするのは怖いから、事なかれ主義で掟に従う。どうして政治家になったのかね」 »

2013年10月24日 (木)

「神話を信じるほうが、悩まなくてすむからね。自分の頭で考え、疑い、苦しみ、戦うという主体的営みの対局に神話はある」

もうしばらく「リスク」「失敗」の続き。すいません。

きのう新たに、茨城県東海村の前村長、村上達也さんと、ビデオジャーナリストの神保哲生さんとの『東海村・村長の「脱原発」』論』という本を読んでいたら、同じような指摘があったので、それも記す。あちこちで出会う。そのくらい「リスクを避ける習性」というのは、日本社会の根深い問題ということでもある。

その村上さんが、お役所、すなわち行政の習性について次のように語っている。 

村上 「余計なことをして、パニックを起こして、そのために被害が起きると、行政側が責任を取らなければならない。それが怖い」 

神保 「たとえ人の命がかかっているような状況でも、何かをやり過ぎた結果、トラブルが起きてその責任を取らされるくらいなら何もやらないでおいたほうがいいと考えてしまう、そういうことですか」 

村上 「ええ。日本は、行政のそういう性向がきわめて強い国ですよね。官僚組織の論理が最優先にされる結果、無謬性を失うのを恐れて緊急時には何もできなという性向です」 (P52) 

ちなみに、「無謬性」とは、「間違いがない」ということ。 

本来なら、「人の命」を失う以上のリスクはないはず。でも、それよりも目先のパニック、トラブル、その責任というリスクを避けるがために、「何もしない」という選択肢を選んでしまう。 

でも、これまで何度も書いてきたが、人間社会では、必ず間違いや失敗も起きるし、リスクゼロなんて状況もありえない。それでも「無謬性」というものを信じるために用意されるのが、「安全神話」なのかもしれない。「リスクゼロ」というフィクションを信じ込ませるために、「安全神話」を作りだし、流布させる。 

原発の「安全神話」について、東海村の前村長、村上達也さんは、次のように話している。 

「それまでは住民避難を計画すること自体、原子力の危険性を認めることになると考えられていた。原発は絶対に安全なのだから住民避難など考慮する必要はないと、本気で言われていたのです」 

「本当に、日本は恐ろしい国だと思っています。国民の生命財産より原発が大事で、しかも随所で隠蔽体質と無謬性への恐怖がある」 (P54) 

「それは、少し考えれば誰にでもわかることだった。いくら安全対策を施しても、結局は日本で原発を建設すること自体に無理がある。その無理を押し通すために、原発推進の勢力は自らも安全に対して思考停止するしかなかった。ですから、日本人が本当に反省しなければならないと私が思うのは、そういう思考停止をうながす流れ、世の中の雰囲気ができたとき、日本社会はあっという間にそれに同調してきたということですよ」 (P173) 

本来フィクションでしかない「リスクゼロ」。それを信じるために、「安全神話」をつくりだし、流布させる。そして「思考停止」して、それを同調という圧力のもとで受け入れ続ける。

ゼロリスク」というフィクションを信じる状況を、社会学者の宮台真司さんは「フィクションの繭」と表現する。宮台ブログ(2012年8月13日)から。 

「〈原発を止められない社会〉である本質的な理由は何か。〈巨大なフィクションの繭〉のせいです。例えば日本にしかない『100%原発安全神話』。そのせいで津波対策やフィルタードベントなどの追加的安全対策が、技術はあるのに採用されなかった」 

「これらが〈巨大なフィクションの繭〉の中で、何もものを見ないで出鱈目な決定を連発してきているのが、日本の政治です。これは戦前から変わっていません」


こうした「安全神話」について、作家の辺見庸さんは、『この国はどこで間違えたのか』という本の中で、次の湯に語っている。

「神話を信じるほうが、悩まなくてすむからね。自分の頭で考え、疑い、苦しみ、戦うという主体的営みの対局に神話はある。皇軍不敗神話、天皇神話もそうです。神話は、われわれの思惟、行動を非論理的に縛り、誘導する固定観念や集団的無意識、根拠ない規範にもなる。とりわけ、われわれは巨大なものや先進テクノロジー=善という『近代神話』に長くとりつかれてきた。その近代神話の頂点にあるのが原発だった」 (P285) 

結局、安全神話を信じ、リスクゼロを信じることで、安心できる。その方が、日々の生活は「楽」なのだ。きっと。でも、その神話、フィクションはいつか崩壊するのだろう。その時、巨大に増長したリスクと対面しなければならなくなるのではないのか。 

上記の『この国はどこで間違えたのか』の中で、沖縄タイムス記者の渡辺豪さんは、次のように語っている。 

「過ちは確かにあった。そして今もある。われわれが抱える問題の深刻さは、過ちに気付きながら事態を放置してきたこと。対象と向き合って転換や変革を測れない構造的な弱みにあるのではないだろうか」 (P294) 

リスク、失敗、間違い、過ち。どうすれば、それらと向き合い、共存していけるようになるのか。

最後に。テイストはぐっと変わるが、糸井重里さんの本の中にも「失敗」についての言葉があったので。著書『ぽてんしゃる。』から。

「『失敗』を求めているはずはないのですが、『失敗』を恐怖していたら、なんつーか、「悪い運命のおもうつぼ」です」 (P157)

« 「安心安全がそんなに大事かと思います」 | トップページ | 「間違えて損をするのは怖いから、事なかれ主義で掟に従う。どうして政治家になったのかね」 »

震災・原発」カテゴリの記事

リスク」カテゴリの記事

優先順位・選択」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« 「安心安全がそんなに大事かと思います」 | トップページ | 「間違えて損をするのは怖いから、事なかれ主義で掟に従う。どうして政治家になったのかね」 »

カテゴリー

無料ブログはココログ