« 「われわれは道化師にもっと多くのことを要求したい。道化師は社会批評家になりうるのだ」 | トップページ | 「自由を担いきれないので、自分から手放してしまう人たちがいると。手放した人たちにとっては、自由を求めて抵抗している人がうっとうしい。なので、その人たちを攻撃してしまう」 »

2014年8月30日 (土)

「スポーツは炭坑のカナリアでありたい。先んじて異変を伝える。戦争の兆候は日常より、まず余暇の場に表れるからだ」

きのうのブログの続きを書こうと思っていたけど、ちょっと話題を変える。

今年11月に国分寺市で開催される「国分寺まつり」で、毎年ブースを出している護憲団体「国分寺9条の会」が今年の参加を拒否された、というニュースを知った。 NHKニュース8月28日放送)(東京新聞8月29日

やれやれ、である。日本は、こんな話ばっかりになっている。

素朴な疑問としては、「政治的な意味合いを持つ」ことがダメなら、うちの近所の駅前盆踊りでの国会議員による出店(飲み物)もダメだろうし、地元選出議員による挨拶だって問題になりかねない。

北海道大学教授の町村泰貴さんは、次のように指摘している。サイト「BLOGOS」(8月29日) より。

「地域のおまつりのような場で、憲法や政治に関する催しが行われ、市民が気軽に参加し、子どもたちも自然に政治的な問題に触れて多少なりとも身近な話題として興味をもつこと、それこそが成熟した民主主義社会の建設と維持に必要なことだ」

当然の指摘である。

こうした自粛は、神戸市が憲法記念日に予定していた講演会を承認しなかった件といい、日本中の至る所で起きているのだと思う。

最近では、さいたま市の公民館が「公民館便り」に一市民の作った俳句「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」の掲載を拒否する事件が起きている。

まさに「いやな感じ」の出来事ばかり。(6月28日のブログ

俳人の金子兜太さんが、東京新聞(8月15日) でのいとうせいこうさんとの対談で、戦前起きた「俳句事件」について触れている。

「俳句弾圧は昭和十五年。日米開戦はその翌年の暮れ」

時代のキナ臭さというのは、まずは、こうした地域のお祭りや、文学、スポーツ、映画などの場から顔をのぞかせるんだと思う。きっと。

スポーツライターの藤島大さんの文章に次の一文を見つけた。東京新聞(8月5日)より。 

「スポーツは炭坑のカナリアでありたい。先んじて異変を伝える。戦争の兆候は日常より、まず余暇の場に表れるからだ。かつて『富国』に奨励されたスポーツは、やがて『強兵』に組み込まれた」

この一文には、大きく肯首したい。

例えば、浦和レッズの横断幕問題も、社会の大きな流れの一端が表れたにすぎない。3月14日のブログ

また、この指摘は、スポーツには社会の価値観を変える力があるという考えと表裏一体のものなんだとも思う。(
6月11日のブログ7月3日のブログ7月4日のブログなど)


異変はいきなり我々の前に現れない。例えば、土砂崩れの前には、見慣れない水漏れが地表から起きるように、我々は、まず地域のお祭りやスポーツ、俳句など日常生活での「水漏れ」に目を配る必要がある。




« 「われわれは道化師にもっと多くのことを要求したい。道化師は社会批評家になりうるのだ」 | トップページ | 「自由を担いきれないので、自分から手放してしまう人たちがいると。手放した人たちにとっては、自由を求めて抵抗している人がうっとうしい。なので、その人たちを攻撃してしまう」 »

憲法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« 「われわれは道化師にもっと多くのことを要求したい。道化師は社会批評家になりうるのだ」 | トップページ | 「自由を担いきれないので、自分から手放してしまう人たちがいると。手放した人たちにとっては、自由を求めて抵抗している人がうっとうしい。なので、その人たちを攻撃してしまう」 »

カテゴリー

無料ブログはココログ