« 「原発やダムを止められない国に戦争が止められるのか…、という話になってくる」 | トップページ | 「過去と現在は地続き。検証を忘れれば、同じ惨事が繰り返されます」 »

2015年7月23日 (木)

「畑を耕す人。種をまく人。水をやる人。民主主義では手間と時間がかかり、経験則はあっても『正解』はない」

少し前のブログ(6月24日)で、映画『海街diary』の中で四姉妹が庭の梅ノ木について話す次のセリフを紹介した。

「実も成るけど、ケムシもつく」

「ケムシとったり、消毒したり」


「生きているものには、みんな手間がかかる」


NHKBSプレミアム『新日本風土記』(7月17日放送)を観ていたら、上記の四姉妹のセリフと重なるセリフが出てきた。

名古屋の「どて焼き島正」のご主人、喜邑定彦さんの言葉。喜邑さんは、名物であるダイコンのみそおでんを10日もかけて仕込むという。おいしさの秘訣について次のように語る。


「どうしても日にちをかけるしか、手間をかけるしかない。そこまでやらんでも、というようなことまでやってしまう。何でか知らんけど、やっとるうちについそういう風になってっちゃうんだ。たぶんモノを作るってことは、そういうことなんだと思う」

大切なものを作り、育てる。そして続けていく、守っていくためには、時間と手間をかけるしかない。 ということ。

民主主義というものも、これと変わらない。ということは、前回のブログでも触れた。そのあと重なる言葉を見かけたので、それも紹介したい。

朝日新聞記者の馬場純子さんの指摘。朝日新聞(7月3日)より。

「畑を耕す人。種をまく人。水をやる人。民主主義では手間と時間がかかり、経験則はあっても『正解』はない」

「誰も世話しなければ枯れ、多くの人が手をかければ、いつか実がなる」


そうなのである。“正解”はないからこそ、日々の生活の中で手間と時間をかけ、その都度のベターを目指して繰り返しいくしかない。

詩人の長田弘さんの次の言葉ともどこか重なる気がする。毎日新聞(5月17日)より。

「日常愛とは、生活様式への愛着です。戦争や災害の後、人は失われた日常に気づきます。平和とは、日常を取り戻すことです」

今、書いてみて気づいたのだが、この長田弘さんの言葉は、映画『海街diary』が描こうとした世界観をそのまま言い表していると思う。

« 「原発やダムを止められない国に戦争が止められるのか…、という話になってくる」 | トップページ | 「過去と現在は地続き。検証を忘れれば、同じ惨事が繰り返されます」 »

★民主主義って何だ?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1530626/60858108

この記事へのトラックバック一覧です: 「畑を耕す人。種をまく人。水をやる人。民主主義では手間と時間がかかり、経験則はあっても『正解』はない」:

« 「原発やダムを止められない国に戦争が止められるのか…、という話になってくる」 | トップページ | 「過去と現在は地続き。検証を忘れれば、同じ惨事が繰り返されます」 »

カテゴリー

無料ブログはココログ