« 「気がつけばお役所発注の巨大防潮堤ばかりができている。これでは。ますます忘れてしまわないか、心配です」 | トップページ | 「個がなければ公への認識は生まれない。公への奉仕が強制的に求められるとしたら、ファシズムです」 »

2016年3月26日 (土)

「誰かに任せておくのではなく、地域や国について自分なりに考え、おかしいと思ったら口に出していく。それは『公』を取り戻していく作業だと思います」

前回のブログ(3月15日)に続き、新たに印象に残った「復興」にまつわる言葉を並べます。

宮城・名取市で学習支援塾を経営する工藤博康さんの言葉。朝日新聞(3月25日)の特殊記事『災後考 6年目の先に』より。

「復興、復興と、何だか16ビートで追い立てられ続けているというか…」

「記憶も流されていき、いまも『失い続けている』という感じです。復興という言葉に励まされる人もいるし、それぞれにあっていいと思うんですよね」


同じ記事(朝日新聞3月25日)より。仙台市の出版社・荒蝦夷の土方正志さんの言葉。

 「どうしても東京発の『復興』への違和感が消えない」

「被災地の実態を東京の人に伝えようとしても、使う言葉の意味が違っている。外国文学のように注釈が必要なのではと思うことがある」


社会学者の宮台真司さんの指摘。ビデオニュース・ドットコム(3月19日配信)より。

「今、東北でやろうとしている動き。釜石や沖縄にも巨大な動きがある。これは結局、どの地域も安心・安全・便利・快適という国が決めた標準に近づけていきましょう。標準を超えましょうということ。こうなると、人はより便利な場所に行く、より所得の高い場所に行く」

「どこも入れ替え可能だから。安心・安全・便利・快適というのは利害損得と同じこと。文化と関係ない。道徳的連帯と関係ない。より便利安心、より所得の高いところに出て行ってしまう」


この指摘は、宮城県在住の作家・熊谷達也さん小説『潮の音、空の青、海の詩』の中語られる次のセリフにも通じる。気仙沼市をモデルにした仙河海市に住む「待人の爺さん」による言葉。

「つまり、大漁旗を掲げて船が港に出入りする光景は、仙河海市民には日常のものになっていたわけだ。それが、巨大防潮堤ができたことで、日常から切り離されてしまった。最後の砦とも言えた仙河海市民の精神的な拠り所が、これで消滅してしまったんじゃ」

「内湾の光景と言うアイデンティーを失くしてしまったことで、この街に暮らす人々自身が自分たちの街に魅力を感じなくなっていった」 (P352)

私たちは、安全・安心・便利・快適を求めるあまり、多くのものを失っていないか…。

ドキュメンタリー映画監督の海南友子さんは、東日本大震災後の我々のすべきことについて次のように語る。朝日新聞(3月12日)より。

「誰かに任せておくのではなく、地域や国について自分なりに考え、おかしいと思ったら口に出していく。それは『公』を取り戻していく作業だと思います。そしてそこから、『公』も変わっていくのではないだろうか―」

« 「気がつけばお役所発注の巨大防潮堤ばかりができている。これでは。ますます忘れてしまわないか、心配です」 | トップページ | 「個がなければ公への認識は生まれない。公への奉仕が強制的に求められるとしたら、ファシズムです」 »

★「復興」を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1530626/64657864

この記事へのトラックバック一覧です: 「誰かに任せておくのではなく、地域や国について自分なりに考え、おかしいと思ったら口に出していく。それは『公』を取り戻していく作業だと思います」:

« 「気がつけばお役所発注の巨大防潮堤ばかりができている。これでは。ますます忘れてしまわないか、心配です」 | トップページ | 「個がなければ公への認識は生まれない。公への奉仕が強制的に求められるとしたら、ファシズムです」 »

カテゴリー

無料ブログはココログ